ENGLISH

GENUINE JAPANは日本国内閣官房より、2020年以降を見据え、日本の強みである地域性豊かで多様性に富んだ文化を活かし、成熟社会にふさわしい次世代に誇れるレガシーの創出に資する文化プログラムとして「beyond2020プログラム」に認証されています。

永く継がれし日本の文化は永く愛され、必要とされてきた“価値ある文化”であり、

 “世界人類財産” ともいえるでしょう。

 

一般社団法人日本文化継承者協会は、

最高の文化に触れ、“日本を語れる真の国際的人材”、 “次世代リーダー” を育てること、

世界各国から日本を訪れた方々に対し、“最高峰の日本文化”を体験して頂くこと、を目的とし設立致しました。

価値ある“ほんもの” を後世へ、世界へとしっかり伝えていくことこそ、

日本と世界各国との更なる文化交流・発展に重要なことと考えています。

会社概要

社名

事務局

代表者

事業内容

一般社団法人日本文化継承者協会

Japanese Culture Successors' Association

〒150-0002

東京都渋谷区渋谷4丁目2−8-410

Email info@genuine-japan.jp

代表理事 小笠原 清基(小笠原流三十一世宗家嫡男)

・最高峰の日本文化基礎講座

 「GENUINE JAPAN」

・業界別リーダー向け日本文化総合講座

・企業向け文化研修プログラム

・VIP向け文化体験ツーリズム

ご協賛企業

本会は日本財団の助成事業を行っております。

小笠原流31世宗家 小笠原清忠の長男として1980 年、東京都世田谷区に生まれる。3 歳で弓馬の稽古を始め、小学5年生で鎌倉・鶴岡八幡宮の流鏑馬神事にて射手を務める。大阪大学基礎工学部を卒業後、筑波大学大学院にて神経科学博士を取得。「家業を生業にしない」という家訓により、現在は製薬会社にて癌の治療薬の研究を行いながら、週末などを利用して流儀の継承につとめている。年間45箇所以上の全国各地の流鏑馬をはじめとする神事執行に携わり、日本女子体育大学弓道部監督として学生への指導にも尽力。2008年には小笠原流の普及活動を目的としたNPO法人小笠原流・小笠原教場を設立し、理事長に就任。子ども礼法教室、小笠原流体験会等を企画・運営する。学校や自治体の講演会にも多数登壇。小笠原流の枠に捕われず、日本の文化を発信するため、日本橋三越本店にて11の歴史ある家々の方と共に伝統文化展を企画するなど、伝統文化の普及に尽力海外へ小笠原流を紹介するめ、英語での書「About the Ogasawara-ryū」、「Ogasawara-ryū Etiquette for Washoku, the Cuisine of Japan -The Etiquette of the Samurai-」、「Ogasawara-ryūArts」、DVD「Ogasawara-ryū Reihō,Conduct of the Samurai」を手掛ける。著書に『~疲れない身体の作り方~実用的、効率的かつ美しい和の身体作法』(アスペクト)がある。

一般社団法人日本文化継承者協会 代表理事

小笠原 清基

Copyright © 2015-2016 Japanese Culture Successors' Association All Rights Reserved.